2018年12月07日

人食い海水ワニを捕獲

フィリピンから

 フィリピン最西端のパラワン州で、全長が5メートル近くもある巨大なイリエワニ(海水ワニ)が捕獲され話題となっている。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 先月末に行方不明になった漁師の遺体の一部が発見され、それにワニのものと考えられる咬傷が確認できたため、「人食いワニ」の捕獲作戦が実行されたのだ。

 この地域では住人がワニに襲われるのは珍しいことではないという。10月にも16歳の少年が危うくワニに襲われそうになったが、危機一髪で逃げ出すことができた。

 11月から2月ごろにかけて、繁殖期を迎えたワニの活動が活発化するため、専門家は住人に注意を呼び掛けている。

 マニラ首都圏に住んでいると大量のごみが浮かぶ汚染された川や、自動車の排出ガスですすけた風景など、南国の自然を感じられる要素は暑さ以外皆無と言っていい。しかし地方に行けば、こんなに巨大なワニを育むことができる、秘境のような自然がまだ残されているところにフィリピンの多様性を感じる。

 とはいえ専門家は、ワニの襲撃が相次いでいる原因は、生息地であるマングローブ(熱帯・亜熱帯地域の海岸や河口の森林)の減少であると指摘している。すみ処(か)を失ったワニが人間の住む地域に、進出せざるを得なくなっているのだ。

 各地のリゾート地で深刻化する環境汚染の状況を見る限り、巨大ワニの存在が昔話となるのも、それほど遠くない未来のような気がしてならない。

(F)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 14:44│Comments(0)アジア 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ