2018年12月11日

バチカン大使館別館から白骨

イタリアから

 イタリア・ローマのバチカン大使館別館の改装作業中、白骨化した人骨が発見された。バチカン側はイタリア警察に即通報。ローマ検察は人骨の年齢、性別、死亡時の確認のために法医学者を派遣した。バチカン・ニュースが10月30日報じたニュースだ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 イタリアのメディアはこの人骨が1983年に行方不明となったバチカン職員の娘エマヌエラ・オルランディさんのものではないかと推測する記事を流した。

 通称「オルランディ行方不明事件」は1983年6月22日に遡(さかのぼ)る。法王庁内で従者として働く家庭の15歳の娘、エマヌエラ・オルランディさんはいつものように音楽学校に行ったが、戻って来なかった。35年の歳月が過ぎた。その間にさまざまな憶測やうわさが流れた。

 代表的なものとしては、少女は誘拐され、殺害されたという誘拐殺人説だ。それに関連してマフィア関与説。いずれもそれを裏付ける証拠はない。ある者は「少女はテロリストの手にあって、彼らはヨハネ・パウロ2世の暗殺未遂事件(1981年5月13日)の犯人、ブルガリア系のトルコ人、アリ・アジャの釈放との引き換えを要求するのではないか」と言い、また、マフィアのデ・ぺディス一味が少女を誘拐し、その後、殺して海岸にセメントで埋めたというのだ。しかし、これまで決定的な証拠は見つからなかった。

 イタリアのメディアが先月23日に報じたところでは、人骨は男性のもので1964年より前のものという。それが事実とすれば、人骨はオルランディさんのものではないことになる。目下、ローマとナポリの2カ所の研究所で、DNA解析や放射性炭素年代測定で人骨の年代を測定中という。

(O)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 15:28│Comments(0)ヨーロッパ 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ