2018年12月20日

サンタの仕事の魅力

米国から

 クリスマスが近づくこの時期、各地のショッピングモールには、サンタクロースと一緒に写真が撮れる会場が設置されるようになる。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 筆者の近所のショッピングモールの一画にも、赤い絨毯(じゅうたん)が敷かれ、その上にクリスマスツリーに囲まれて、サンタの家に見立てた建物が設けられた。そこで映像作品を楽しんだ後、ソファでサンタの格好をしたふくよかな男性の膝に乗り、写真撮影ができる。一番安いプランでも40剖瓩掛かるが、それでも常時、親子連れが列をつくり、人気を集めている。

 ところで、ある調査によるとこうしたモールで働くサンタの時給の中央値は、約30法J胴颪砲ける季節限定の仕事の平均時給は約10砲箸いΔら、かなりの高収入だ。中には、1回のクリスマスシーズンに2万砲皺圓哀汽鵐燭發い襪蕕靴ぁ

 その代わり、サンタとして働くことを希望する人の多くは、専門の学校に通い、サンタにふさわしい身振りや北極の風習、サンタの歴史などをしっかりと学ぶ。子供の夢を壊さないように、こうしたサンタにも相応のプロ意識やサービス精神が求められるというわけだ。

 そこまでしてこの仕事を選ぶのは、高収入に加え、クリスマスのシンボルとも言えるサンタに成り切って、子供たちの喜ぶ顔が見られることが魅力なのかもしれない。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 15:35│Comments(0)アメリカ・中南米 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ