2019年01月17日

首都で急増するネズミ

米国から

 米国の首都ワシントンでは、公園など街の至る所に野生のリスがいるのを見掛ける。しかし、近ごろ急速に増えているのは、同じ齧歯(げっし)類でも害獣とされるネズミだ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 こうしたネズミうちの1匹は先月、ホワイトハウスにも現れた。FOXニュース記者の足元で何かが動き、一瞬リスだと思ったが、大きな茶色のネズミだったという。

 ワシントン市では、ネズミが急増していると伝えられる。地元紙によると、2017年に5300件以上ものネズミに関する通報があり、前年より50%も増えた。

 理由は、富裕層の流入など人口増によりバーやレストランが増加し、そこから出るゴミがネズミの食料となったことが挙げられる。それに加え、比較的暖冬が続いていたことが、ネズミが繁殖する上で好条件になった。

 ネズミはニューヨーク、シカゴ、ボストンなどでも増加しており、大都市が共通に抱える問題となっている。ワシントン市では、ドライアイスをネズミの巣穴に入れて窒息させたり、ゴミの圧縮機を普及させるなどの対策を取っているが、今のところネズミの減少にはつながっていない。

 近年、再開発が急速に進んだ副産物ともいえるが、イメージ悪化にもつながるので対策が急がれるところだ。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 15:36│Comments(0)アメリカ・中南米 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ