2019年03月15日

オープンした日系カジノ

ベトナムから

 ベトナムの首都ハノイで11日、日系カジノ「ハリウッドワン・ゲーミングクラブ・ハノイ」がオペラハウスに近い繁華街で開業した。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 カジノは五つ星ホテルの地下にあり、ルーレットやバカラ、さらにスロットマシンなどカジノゲーム機を置き、24時間利用することができる。

 これまでの東南アジアのカジノは、シンガポールを例外に豊かな隣国の富裕層をターゲットにしていた。水が高きから低きに流れるのにも似ている。

 博打(ばくち)が禁止されているタイの富裕層をターゲットにしたカジノが、ミャンマーやラオス、カンボジアの国境周辺には目白押しだ。

 また、中国と隣接するベトナムには、北部の国境にカジノが開設されている。商都ホーチミン市の資産家をターゲットにしたカジノが、カンボジア側の国境にはある。だからカジノの様相を見るだけで、東南アジアの経済格差の状況は一目瞭然だった。

 その意味からすると今春、ハノイでオープンした日系カジノは、これまでと意味が違う。

 「ハリウッドワン」の経営主体は、北海道、東北、関東にパチンコホール30店舗を展開するベガスベガス(山形県山形市)。同社は日本のカジノ解禁を次のビジネスチャンスのスタートラインと設定、ベトナムでカジノビジネスのノウハウを蓄積した上で日本で勝負に出る腹積もりだ。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 14:02│Comments(0)アジア 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ