2019年06月27日

男子家を出ずれば

エジプトから

 「男子家を出(い)ずれば七人の敵あり」のことわざを地で行く一日があった。

 カイロ在住の邦人仲間の会合に行こうと地下鉄に乗り、到着駅で降りようとしたところ、乗客が降り切らないうちに乗る客が詰め掛けた。エジプトでは日常茶飯事の光景とはいえ、結局、次の駅で降りざるを得なかった。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 改札口で乗り越した理由を説明したところ、駅員は石頭。仕方ない。形相険しく、大声で「このばか野郎、石頭」と日本語で怒鳴ったところ、あまりの剣幕に驚いたのか、改札口を通してくれた。戻るため反対側の改札口でも大声でぶつかろうとしたところ、向かい側の大声を聞いていたのか、切符確認だけで通過した。

 次に待ち構えていたのはタクシーの運転手だった。タクシーを拾った時、運転手はいくら払うかと聞いてきた。ははあ、メーターを取り付けていないなと思い、それを確認した上で、いくらだったらいいのかと尋ねたところ、通常の3倍の値段だ。

 「高過ぎるよ。じゃ降りる!」とドアに手を掛けたところ、2倍の値段に下げてきた。決意を固めて普通の値段を言い、「おまえはメーターを付けてないな!警察を呼ぶぞ!」と、アラビア語で叫んだ。

 言葉を少々話せることに気付き、通報を警戒したのか、そのまま車を走らせた。アラビア語で、「右、左、真っすぐ」と指示したことから彼は観念したのだろう。ドアを開けて車の外に出、普通の料金だけ渡した時に運転手は何か言いたそうにしたものの、そのまま別れた。

 やっと到着した会場のドアには内鍵が…。ここでもひともんちゃく、ことわざが身に染みた一日だった。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 13:11│Comments(0)中東・北アフリカ 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ