2019年08月29日

お金を求めるミッキー

米国から

 先日、ニューヨーク中心部の繁華街「タイムズスクエア」を家族と観光していた時、ミッキーマウスなどのコスチュームを着た陽気な3人組に出会った。彼らは先を歩いていた2歳の息子を手招きして迎え、ポーズを取ると、筆者に「ピクチャー!」と写真を撮るよう促してきた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 思わずスマホを用意しかけたが、彼らが身に着けたキャラクターの衣装はいかにも偽物くさく、明らかにオフィシャルなものではない。警戒感から「急いでいる」と断ってその場を去った。

 後で知ったが、タイムズスクエアのこうした着ぐるみ集団は、写真撮影の後、チップとして現金を求めることで有名らしい。報道によると、事情が分からない観光客に最初は親しげに近づいてくるが、写真撮影後にチップを強引に要求したり、望む額を受け取れないと攻撃的になるたちの悪い人も少なくないという。

 例えば、過去に親子連れに20砲離船奪廚鯒った“ミニーマウス”や警察官の顔面を殴った“スパイダーマン”など、逮捕者も多く出ている。

 こうしたトラブルは大きな問題になり、ニューヨーク市は、彼らが活動できるエリアを限定し、IDバッジを着用させるなどの対応を取ってきた。

 エンターテインメントの聖地とも言われる場所だけにこうした「ビジネス」も成り立つわけだが、訪れる観光客に後味の悪い旅の思い出を残さないことを願うばかりだ。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 14:56│Comments(0)アメリカ・中南米 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ