2019年09月24日

定着脱北者は写し鏡

韓国から

 3万人を超えた韓国定着の脱北者たちの人生は、いつ見聞きしても世知辛いものがある。最近の話としては、人知れずソウルの賃貸マンションで餓死しているのが発見された40代の母親と5歳の息子のケースが韓国社会に衝撃を与えている。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 脱北後、中国で所帯を持った朝鮮族男性との間に生まれた息子には重度の障害があった。男性と離婚して韓国に来たが、地域社会との交流もなく息子を預けられないまま月1〜2万円の手当てのみで生活。彼女は行政から「中国に行って離婚届けをもらって来なければ生活保護は支給できない」と突き放されたという。

 家賃と光熱費の滞納は数カ月に及んだが、こうした世帯をケアする行政の体制がまだ不十分であることも惨事を防げなかった原因のようだ。

 そうかと思えば、同じ40代の脱北女性は韓国で苦労してスポーツマッサージ店を経営し始めた頃、何と韓国大手財閥のオーナーに見初められて「愛人契約」を結んだ。

 住まいに超豪華マンションを与えられ、月々150万円の小遣いをもらいながら、誕生日プレゼントには高級車ポルシェを買ってもらったんだとか。女性と親しい別の脱北女性は筆者に「誰か大金持ちの知り合いはいないの?」とせがんできた。もう半分、カネの亡者になっている。韓国にたどり着いた脱北者たちの第2の人生は出会いや環境に大きく左右され、韓国社会の写し鏡のようでもある。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 14:39│Comments(0)韓国・北朝鮮 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ