2019年11月22日

日本食が多様な食ドンキ出店

シンガポールから

 総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」が今月末、シンガポール6号店となる「ドンドンドンキ・Jキューブ店」をジュロン地区に出店する。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 「ドンドンドンキ」はほぼすべての商品が日本製という、日本産の生鮮食品や加工食品、日用品など日本の商品販売に力を入れてきたが、「Jキューブ店」は食品に特化したスーパーマーケット型の店舗となる。「ドンドンドンキ」初の寿司バーや360席の大規模フードコートなどを併設し、総店舗面積の半分以上がフードコートが占める「食のドンキ」が売りだ。

 これまで耐久性の高さや美しさなどから日本の商品は人気があった。ただ、若者が多く消費マーケットが右肩上がりの東南アジアで日本からの出店攻勢は一巡した感があり、日本製というブランド頼りの店舗形態だけでサバイバルしていくには力不足となっている。

 その点、いい商品を廉価でというコンセプトだけでなく、多様な日本食を集め、祭りのようなエンターテインメントにしてもってきた点は興味を引く。

 ドンキといえば、狭い通路と商品の山積みというジャングルの中を歩くようなスリリングさが若者の心をとらえてきた。シンガポール店でも、5号店までその形態は変わらなかったが、多くの若者はどこに何があるか不思議と分かる。そのジャングルのような商品形態そのものをレストラン食にもってきた「食ドンキ」が当たるのかどうか、ドンキの海外出店形態をも決めかねないことだけは確かだ。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 13:46│Comments(0)アジア 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ