2019年12月12日

お祭りムードの12月

イスラエルから

 今年の11月は雨が少なく例年に比べ暖かかった。12月になってからは連日の雨で、気温が一気に下がり寒くなったので、物置から電気ストーブを出すことにした。イスラエルは本格的な雨期に入ったようだ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 12月に入ると店頭には、油の奇跡を祝うユダヤ教のハヌカ(清めの祭り・光の祭り)にちなんだ「スフガニヤ」というイチゴジャムなどが中に入った甘い揚げパンが並べられる。大人も子供も、ユダヤ人だけでなくアラブ人も大好きなようだ。おいしさに人種や宗教は関係なさそうだ。

 イスラエルの街々には、大きなハヌキヤという八枝の燭台が設置され、お祭りムードだ。

 今年のハヌカは12月23日から1週間続き、毎日どの家庭、どの街でも1本ずつ多くろうそくに灯がともされていく。ユダヤ人の学校に通う娘は、ハヌカの期間中にキリスト教のクリスマスもあるので、休みを心待ちにしている。

 キリスト教徒が住むアラブ人の街ナザレでは、大きなクリスマスツリーがきらびやかに飾られ、クリスマスパレードの練習をするマーチングバンドのラッパや太鼓の音などが聞こえてくる。街中がキラキラとした電飾で飾られ、夜には見事なイルミネーションが楽しめる。

 クリスマスを祝わないとされるユダヤ人だが、クリスマスを祝うロシア系や世俗派のユダヤ人たちが、週末を利用してナザレに遊びに来るという。

(M)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 15:16│Comments(0)中東・北アフリカ 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ