2020年01月23日

ホワイトハウスで窃盗多発

米国から

 世界で最もセキュリティーの厳しいはずのホワイトハウスで窃盗が多発している。

 狙われているのは、記者の所持品だ。地元メディアによると、以前から窃盗はあったが、最近では、プレスエリアに置いてあったマイクやカメラ機器など高価なもののほか、現金の入った封筒もなくなっているという。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 以前、筆者はホワイトハウスのイベントを取材した時、あろうことか、その一室に財布の入ったバッグを置き忘れたまま、敷地の外に出てしまったことがあった。職員に事情を伝えたところ、探しに行ってくれ、無事手元に戻りホッとした。

 警備の厳しいホワイトハウスだったのが幸いだった。これが街中の飲食店だったら、誰かが持ち去り、戻ってこない可能性も高かったはずだ。しかし、ホワイトハウスで窃盗犯が多発していることを考えると、単に運が良かっただけとも思える。

 ホワイトハウス周辺は、シークレットサービスと警官が常に目を光らせ、出入り口は厳重に管理されている。こうした環境で、なぜ窃盗が続発するのかは大きな謎だ。

 理屈上、犯人として考えられるのは、ホワイトハウスのスタッフか記者団の一員ということになるが、明らかになっていない。場所が場所だけに犯人を特定するにはトランプ大統領の「ウクライナ疑惑」で話題となった「内部告発者」の出現を待つ必要があるかもしれない。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 13:39│Comments(0)アメリカ・中南米 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ