2020年01月24日

独特な喫茶文化

ベトナムから

 ベトナムの輸出品で目覚ましく伸びてきたのがコーヒーだ。とりわけロブスタ種は人気が高い。今やブラジルを抑えて、ベトナムは世界一のコーヒー輸出国だ。町を歩いても、街の辻々で喫茶店が道に椅子を出している。日本的にいうと軒を構えているとなるのだろうが、こちらではフランスのカフェのように道にはみ出す格好で椅子が並ぶ。

<続きを読む>が挿入される前に、以下を入れてください。
★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 この椅子がおかしい。

 まず椅子に背もたれがついていないので、ゆったり背を伸ばすことができない。というのも、椅子は銭湯にあるようなちゃちなプラスチック製の椅子だからだ。これにちょこんと腰を掛け、高さ40センチ、幅50センチ程度の小さなテーブルにガラスコップに入ったコーヒーをすする。ちょっと見ると、ままごと遊びをしているような光景だ。

 ここで人気のコーヒーは、ブラックか練乳入りコーヒーだ。いずれにしてもグイッとコップを一気に空ける飲み方は誰もしない。濃い目のアイスコーヒーであれば、氷が融けきる最後までちびちび飲む。

 将棋をしたりタバコをふかしたりしながら友人らとのおしゃべりを楽しみ、小一時間はゆったり過ごす。日本の喫茶店だと本を読んだりする人もいるが、ここではだれもそんな人はいない。

 仕事帰りに男どもが、一杯のコーヒーを知人とよもやま話にふけりながら路傍の喫茶店で過ごす。ベトナムには、こうした独特の喫茶文化が根付いている。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 13:13│Comments(0)アジア 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ