2020年02月25日

チャジャン麺人気衰えず

韓国から

 昼時、近年流行(はや)りの中華料理「マーラータン」(辛口春雨スープ)の専門店はガラガラだったのに、わずか10メートル隣の一般中華料理店は客で超満員だった。マーラータンの店は厨房に本場中国から来ている人を使っている確率が高いが、チャジャン麺などを出す一般店は韓国飲食店も同然だから安全だろうと皆思ったのかもしれない―。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 先日、新聞をめくっていたら、ある大学の先生が寄稿したこんな文章が目に留まった。新型肺炎が猛威を振るう中、「中国」を連想させるものにはどうしても過敏になりがちだが、それでも韓国の国民食ともいえるチャジャン麺の人気は衰えていないことが伝わってきて妙に興味深かった。

 チャジャン麺は中国発祥のジャージャー麺が仁川のチャイナタウンでアレンジされたのが始まりとされる。黒味噌にカラメルを混ぜた甘味のタレが麺の上にたっぷり盛られる。タレを麺に満遍なく混ざるように箸でよくかき混ぜてから食べるのだが、慣れない頃はかき混ぜている途中でタレが服や顔に飛び散ることがよくあった。

 筆者も行きつけの中華料理店に行くと、2回に1回は必ずチャジャン麺を注文する。辛い物が多い韓国で、これを食べる時は少しホッとする。腹ペコで大盛を頼むと、従業員が厨房に向かって「大盛一つ!」と大声で叫ぶ。チャジャン麺だけはメニュー名まで言わなくても暗黙の了解なのだ。やはり不動の国民食と言うに相応しい。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 14:10│Comments(0)韓国・北朝鮮 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ