2020年09月29日

ウィーンフィルの野外コンサート

オーストリアから

 新型コロナの拡大のために5月に開催予定だったウィーンフィルの恒例の野外コンサートが18日夜、シェーンブルン宮殿庭園で開かれた。9月の野外コンサートは少々寒く、招かれたゲストにはちょっと辛かったかもしれない。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 今回のテーマはリーベ(愛)だった。指揮者はロシア人のヴァレリー・ゲルギエフ氏。プログラムによれば、リヒャルト・シュトラウス、ワーグナー、プッチーニ、オッフェンバック、ドクトルジバゴのテーマなど。アンコールに、ミュンヘンのテノール歌手ヨナス・カウフマンさんが『ウィーンわが夢の街』を情熱的に、情緒豊かに歌った。最後は、ウィーフィルがヨハン・シュトラウス2世作曲の『ウィーン気質』の演奏で締めくくると、ゲストの拍手はいつまでも鳴りやまなかった。

 ウィーンフィルの野外コンサートが無料で聴ける絶好の機会であり、例年ならば、観光客や地元のファンでシェーンブルン宮殿の庭園は大勢の人々でにぎわい、丘の上のグロリエットまでゲストで埋まる。しかし、今年は新型コロナの感染防止が優先され、招待されたゲストは少人数に限られた。幸い、オーストリア放送がライブ中継したので、多くの市民は自宅の居間で楽しむことができたわけだ。

 新型コロナの感染で多くの文化イベントや音楽会が中止されてきただけに、ウィーンフィルの野外コンサートは演奏する側と聴く側の心を例年になく一つとした感じがした。

(O)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 14:08│Comments(0)ヨーロッパ 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ