2020年12月25日

観光鎖国でサバイバル

タイから

 タイは新型コロナウイルス封印に成功したかに見えていた。だが最近、感染者急増の趨勢(すうせい)にある。年間4000万人近くが訪問し、7兆円ほどの観光収入をはじき出すタイの観光産業の苦しみは、まだまだ先が見えない状況だ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 本来、雨季明けの11月、12月はかき入れ時だ。この季節は日本の初秋のような過ごしやすさで、欧米や近隣諸国からもどっと旅行者が訪れたものだ。

 だが今年はどこも閑古鳥が鳴いている。とりわけホテルの稼働率は、前代未聞の20%前後。閉鎖を余儀なくされたホテルも少なくない。政府は10月から観光客の受け入れを段階的に再開しているものの、旅行者には自己負担による14日間の隔離が求められ、「観光鎖国」長期化は必至の状況だ。

 生き残りを懸け、国内客取り込みに動くホテルもある。タイでは3月下旬から「ドル箱」の外国人観光客がほぼ途絶えているのだから、サバイバル戦略はそれしかない。手っ取り早いのは、値下げだ。五つ星ホテルのマリオットは1泊1212バーツ(約4120円)のプランを提示。普通だと3万円台の部屋が、二つ星程度の値段だ。

 また、ハイアットは100万バーツ(約346万円)の年間宿泊プランを発売し、国内富裕層に向けた売り出しを開始した。1年間分のホテル宿泊だけでなく、私立病院での健康診断や高級ショッピングモールのラウンジ利用権といったおまけが付く。ホテル側の宣伝によると、1000万円分のサービスを3分の1の料金で享受できるという。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 13:26│Comments(0)アジア 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ