2021年01月21日

スンニ派総本山アズハル

エジプトから

 エジプトにある世界的組織の中で、超重要と思われる組織の一つに、イスラム教スンニ派総本山である「アズハル」がある。重要でありながらも、日本ではほとんど知られていない。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 イスラム教スンニ派の総本山であり、その下に、世界最古の大学と言われるアズハル大学を持ち、世界中のイスラム教スンニ派指導者の子弟が集い、イスラム法を含むイスラム教全般を教育、全世界にイスラム教スンニ派指導者を輩出しているイスラム教の中心的な組織なのだ。

 エジプトでは、大学だけではなく、高校、中学、小学、幼稚園に至るまで、アズハルが経営する教育施設が全国に広がっている。

 実際に訪問して驚かされたことの一つは、何億人もいるスンニ派にしては「ここが総本山?」との声を発したくなる程度の施設だったことだ。門構えや建物はそれほど豪華ではなく、中に入っても7〜8階のビル中に100人ぐらい入れるホールが二つほど、それ以外は小部屋が多くあるだけ。

 イスラム指導者には神の前にみな平信徒であるという考えがあることから、そのような思想が表れたものかと思わされた。建物の規模より教育機関として存在感があるのだ。

 ピラミッドやスフィンクスなど、古代王国のイメージが浮かぶエジプトだが、90%の国民がイスラム教徒であるイスラム教国家になっている現実には、アズハルが果たした役割が大きい。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 13:38│Comments(0)中東・北アフリカ 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ