2021年01月26日

マスク着用は髭を剃って

オーストリアから

 オーストリアでは25日から新型コロナウイルス規制の追加措置としてスーパーや地下鉄などの交通機関を利用する場合、高品質のFFP2マスクの着用が義務化された。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 感染が欧州に上陸した直後、専門家たちは家庭用マスクの着用を勧めたが、「マスクはアジアの文化であり、欧州社会ではマッチしない」と拒絶する人が多かった。コロナ禍が長期化し、多くの感染者、死者が出てきた結果、マスクの着用は欧州社会でも定着、義務化された。

 これまではマスクといっても簡易なもので、感染防止はあまり期待できなかった。しかし、昨年末から今年に入り、英国発のウイルス変異種が発生、新規感染者が急増し、ロックダウン(都市封鎖)でも新規感染者数が減少しないために、高性能マスクが必要となってきた。

 着用の義務化を控え、FFP2を買う国民が増えた。その結果、トイレットペーパーの時と同じように、どこのスーパーでも売り切れ。10枚入りを2袋買おうとした客は会計で「1人1袋まで」と注意されて、抗議する、といった場面がニュース番組で報じられていた。

 だがここにきて新たな問題が生じている。髭(ひげ)だ。髭を生やしたままFFP2マスクを着用しても効果は期待できない。専門家は「着用前に髭を剃(そ)るように」と助言するが、ソーシャルメディアは苦情であふれている。特に、イスラム系やユダヤ人の男性には髭を生やしている人が多い。「マスクの着用のために髭を剃れ」と言われても、直ぐには納得できないだろう。

(O)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 14:15│Comments(0)ヨーロッパ 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ