2021年03月26日

食用昆虫国際市場デビュー

ベトナムから

 東京・渋谷のパルコに昆虫食レストランが出店して、話題になったことがある。ベトナムの首都ハノイ市ダイラー通りには、もっと古い人気の昆虫食レストランが存在する。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 メニューは、日本人にもなじみのあるイナゴから、ムカデやサソリ、ヤモリといった強精剤まがいのものまで多種多様だ。

 フランスの植民地だった時代があるベトナムでは、表面は固いが中はもっちりしているフランスパンなどが街角の所々で売られていて、味も結構いける。そうした欧州の食文化が根付いている一方、東南アジアのローカル色が強い昆虫食が命脈を保っている。

 そもそも東南アジアのローカルマーケットには、各種の昆虫を売る小さな市場があったりする。これらの青空マーケットの特産品は、バッタにコオロギ、イナゴなどだ。人々は「バッタ市場」などと呼んでいる。タイ東北部のイサーンやラオスなどでは、セミも人気食材の一つだ。

 なお欧州連合(EU)はこのほど、ベトナム産食用昆虫の輸入を正式に許可した。すでにカナダやスイス、韓国、タイなどが、EUに食用昆虫を輸出しているが、ベトナムはこれら4カ国に次ぐ5番目の昆虫食輸出国にデビューした格好だ。

 国際連合食糧農業機関(FAO)が近年、食料問題の切り札としての昆虫食について報告書を発表するなど関心が向く中、ベトナム産昆虫がどれだけ市場を握ることになるのか注目される。

(I)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 10:11│Comments(0)アジア 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ