アフリカ

2018年05月16日

動物が身近にいる首都

ケニアから

 ケニアの首都ナイロビは日本人の想像以上に動物がわれわれの日常に現れる。朝は小鳥たちの鳴き声に目を覚ます。少しデスクを開けた隙に机の上のスナックを食べにやって来るサル。先日は空港へ知人を出迎えに行く途中でシマウマが中央分離帯を闊歩(かっぽ)していた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ続きを読む

sekai_no_1 at 14:33|PermalinkComments(0)

2018年04月11日

信号機導入から3カ月

ケニア

今年の1月からケニアの首都ナイロビでは昨年から設置が進められていた信号が機能し始めた。開始から3カ月が過ぎ徐々に市民に受け入れられつつある。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ続きを読む

sekai_no_1 at 14:30|PermalinkComments(0)

2005年11月21日

ナイロビは「夏の軽井沢」

ケニアから

 ケニアの首都ナイロビを訪れて、最初に驚かされることは、赤道直下というイメージとは懸け離れた、過ごしやすい気候だろう。「夏の軽井沢」に例える人も多いとのことだが、まさにピッタリの感じがする。ケニアには一年に二度の雨期(三月から五月までの大雨期と十一月から十二月の小雨期)があり、それ以外の日(乾期)は良い天気の日が続くことから、暑くも寒くもない手ごろな気候(平均一七度前後)を楽しめるということだ。海抜約千七百メートルという高地であることがその原因。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ
続きを読む

sekai_no_1 at 08:41|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2005年09月22日

すっきりして里帰り

南ア・ペンギン

南アフリカ共和国ケープタウンの海岸で、鳥獣保護団体により油まみれの体をきれいにしてもらった90羽のアフリカペンギンが自然に帰された。ケープタウンの海岸や周辺の島では、過去1カ月半で油にまみれた400羽以上のアフリカペンギンが保護されたが、ボランティアが丁寧に油を洗い落とし、手当てをして海に戻している(EPA=時事)。

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 21:27|PermalinkComments(3)TrackBack(0)
電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ